troa accessories|トロアアクセサリーズ

troa accessories|トロアアクセサリーズ

Blog

《I.ENOMOTO》全モデルを一挙公開!

こんにちは。トロアアクセサリーズです。
本日のブログは、今月12日より店頭イベントを予定しているアイウェアブランド「I.ENOMOTO:アイ・エノモト」をご紹介します!

 

 

『I.ENOMOTO:アイ エノモト』

アイ・エノモトは、「視る器械」をテーマにチタンという素材にフォーカスしたコンセプト・ブランド。
すべてのモデルは、東京でデザインされ、福井県鯖江市の100年以上続く老舗の工場で作られます。
セル(プラスチック)フレームは一切作らず、チタン(メタル)フレームに絞りコレクションを展開。
これまでアイ・エノモト名義でリリースしたモデルは、最新作含め5年間でたったの10型のみ。
一般的なメガネブランドと比べるとそのリリース数は極端に少ないのですが、どのモデルもブランドの「マスターピース」と呼べるほどクオリティが高く、まるで外科手術の際に用いられる医療器具のような洗練された佇まい、道具としての美しさを呈しています。

プロダクトカテゴリーはフレームデザインだけではありません。
コレクションケース、パッケージデザイン、ディスプレイラックに至るまで、一貫して榎本氏によるミニマルで機能的なデザインで統一されています。

 

designer:IKUYA ENOMOTO
武蔵美野美術大学で工芸デザインを学んだ後、ハウスブランドやファッションブランドのアイウェアをデザイン。
2007年よりイタリア・ミラノに駐在し欧州市場向けの眼鏡、サングラスを数多く手掛ける。
帰国後独立し、2012年にデザインスタジオONLYGOODFORM を設立。
以来フリーのデザイナーとして幾多のブランドへのデザイン提供を経て、2017年、自身のブランドI.ENOMOTO をスタート。
これまで3000モデル以上のアイウェアをデザインしてきた、日本を代表するデザイナーのひとり。


 

それでは早速、I.ENOMOTOのアイウェアをご紹介いたします。

 

1st Collection

IE001 (size 49)  ¥44,000 tax in

 

IE002 (size 47)  ¥44,000 tax in

 

IE003 (size 52)  ¥44,000 tax in

 

ファーストコレクションとして2017年にリリース。
2mm厚のチタンシートから削り出したフレームは、非常にシンプルにして、無駄をそぎ落としたデザインです。
「ウエリントン」「クラウンパント」「アビエーター」の3型。
いずれもベーシックで過度な装飾を排除したミニマルなデザイン。

 

頭部を包むように調整を施す、印象的なフラットモダンを採用しているのも特徴のひとつ。
デザインがシンプルなだけに、フレームやレンズのカラーをセレクトすることで、モード↔ストリート、オン↔オフの双方にアプローチが可能です。

その「ニュートラル」なデザインは、リリースから4年経過した今でも全く衰えることのない人気ぶり。

IE002は、過去にアパレルブランド「UNDECORATED」とのコラボも行っています。


チタンの質感を楽しめる豊富なカラーバリエーションも魅力のIE001。

 

 

2nd Collection

IE004 (size 53)  ¥48,400 tax in

 

IE005 (size 49)  ¥48,400 tax in

 

アイエノモトのセカンドコレクション。2018年に発表された2型。
やや大ぶりでスポーティーなウエリントンとラウンドタイプ。
一見セルフレームのようにも見える肉厚なデザインが特徴の今作は、前作001~003とは全く異なるデザインアプローチのもと開発されています。

なんといっても、日本のチタン加工技術のレベルの高さを伺える立体的でなだらかな造形美がポイントの今作。チタンのポテンシャルを知り尽くしたI.ENOMOTOにしか作れないアイウェア、といっても過言ではないと思います。


一見ボリュームがあるので重そうですが、実は上から見ると一目瞭然。

…めちゃめちゃ薄いんです。コンマ1ミリの精度で厚さを調整し、かけ心地を考慮した機能的な造形美。

 


どちらも大きめなサイズ感なので、サングラスとしても人気のモデルです。

 

3rd Collection

IE006 (size 52)  ¥54,000 tax in

 

IE007 (size 49)  ¥55,000 tax in

 

2019年リリースのサードコレクションは、アセテート(プラスチック)を一切使わない「フルチタン・フレーム」。


フロントの側面に全周溝をつけながら削り繋げることで、頭のわずかな動きにも光沢が反応するデザイン。金属の陰影に思わずウットリしてしまうほどの美しさです。
軍用のバヨネットテンプルという形状をソースにした特殊なデザイン。

 


ボートオールのような独特なストレートテンプルの美しさたるや。。
もはや大英博物館に寄贈したいレベルです。
しかもこれが機能を考慮したデザインというのだから驚きです。適度なテンションで包み込まれる驚きのかけ心地。

 

圧倒的なクオリティで他の追随を許さない傑作です。

 

4th Collection

IE008 (size 45.7)  ¥48,400 tax in

 

IE009 (size 44.5)  ¥48,400 tax in

2018年にリリースしたセカンドコレクションの系統を継ぐ新作で、2020年のコロナ禍に発表。
IE004・IE005よりふた回りほどコンパクト、強度近視のかたにもオススメできる、かなり小さなサイズ感です。

とは言え、ブリッジ幅~ボリュームを出している為、かけてみると不思議と小ささを感じない絶妙なデザイン。テンプルの調整域も確保できている為、お顔のサイズ感は比較的気にしなくても大丈夫です。


セルフレームさながらのボリュームを持ったチタンフレーム、必見です。

 

2021 NEW Collection

《最新作》IE010 (size 48.4) 

2021年7月にリリース予定の最新作。アイエノモト初のブロータイプです。
IE006/007の系統で、フロント外周の彫刻が特徴。左右リムとブロウバーを独立した作りにしている為、非常に高精度な仕上がりです。

驚きの精度で仕上げている証として、フレームに印字されたサイズ表記《SIZE:48.4□ 20.6 140》がコンマ1mm単位に!!(通常はミリ単位です。)

こちらの画像のモデルに関しては、ブロウバーからリムに至るまで、全体に職人によるハンドペイントのフラット七宝という技術を用いて高度な加工を施しています。

カラーは5色展開。6月12日より開催する当店のイベントにて、どこよりも早く先行発売(予約注文)致します!

 

I.ENOMOTO / megane and me 《POP UP SHOP》

期間中、メガネブランド「I.ENOMOTO:アイエノモト」と「megane and me:メガネアンドミー」の合同ポップアップを開催します。

東京・アイウェアシーンにおいて、ひときわ異彩を放つ2ブランドの相反する世界観を同時に楽しめる貴重な8日間となっています。

詳細は、こちらから
⇒【メガネレンズSALE開催!】夏に向けてサングラスレンズが無料!